9日目 7/24 むつ市〜恐山〜横浜町

青森

おはようございます。

日焼けの跡がくっきりして気持ち悪いacheです。
昨日はむつ市の金谷公園で泊まりましたが、夜中に公園で若者がテントの近くで座って長時間話をしていました。おかげで少し寝不足ですが、がんばって進みたいと思います。

今日は少し遠回りをして恐山に行き、恐山に行った後はむつ市に戻りそのままいけるところまで南下したいと思います。

朝7時過ぎにスタート。恐山は泊まっていた公園から約13km、標高400メートル弱で斜度もかなりきついところがあると下調べでわかっていたので行く前から恐怖です。
県道4号線に入り、はじめははゆったりとした上り坂を登っていきます。
3、4キロ行った先でしょうか急に斜度10%前後の坂道が出てきます。

坂道が続くと弱脚の私では漕いでいられないので押して進みます。
斜度がキツイと押すのも本当にしんどい。
荷物の総量がおそらく40~50kgあるので斜度がキツイとホント腕がプルプルしてきます。
上がっては少し斜度が緩やかな所で休憩しながら進みます。

途中湧き水がある休憩所みたいなところがありそこで一息。
恐山冷水というらしいです。

1杯飲むと10歳若返るらしいです。喉も乾いていたので3,4杯は飲んだでしょうか。
明日からお肌とぅるとぅるになるの期待してます。

写真はありませんがこちらに長崎から車で托鉢しながら全国を回ってるお坊さんがいました。
これから北海道に行くそうです。
お互いの旅の安全を祈ってもらい少しだけお布施しました。

そこから1kmほど急坂を登りきると急に下り坂に。
しかも結構な斜度の下り坂でしたが、逆に帰るときはのぼらねばなりません。
帰りが不安になります。

3kmほど下りきったところでみえてきたー

まるで天国のような光景。
宇曽利山湖です。

恐山という名称は、昔は宇曽利山(うそりやま)だったのが下北訛りによって変化し
恐山(おそれやま)になったみたいですね。

これわかりますか?水が流れてる所が黄色なんですよね。

おそらく硫黄の成分が付着しこのような色になっていると思われますが、
いって見てみるとなんかこの世のものではない気がしてきます。
この辺になってくると臭いも独特の硫黄臭が強くなってきます。

そして山門に入る前に奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんねおう)お出迎えです。

奪衣婆(だつえば)は死者が三途の川を渡る時に着物を脱がせ,懸衣翁(けんねおう)はその着物を柳の木に懸けて、柳の枝が衣の重さで枝垂れると生前の罪が重いという事で、地獄に送られ、衣が軽いと極楽に行けるということだそうです。

三途の川もあります。

500円入山料を払い、山門をくぐります。

まるで天国なのか地獄なのかわからないような風景が広がっています。

至る所に石が積み上げられています。

wikiによれば、
「恐山に行けば死者に会える」「河原に石を積み上げ供物をし声を上げて泣くと先祖の声を聞くことができる」「恐山の三大不思議(夕刻に河原に小石を積み上げても翌朝には必ず崩れている、深夜地蔵尊の錫杖の音がする、夜中に雨が降ると堂内の地蔵尊の衣も濡れている)」などが俗信された。
との事。

ちょうど行った日は恐山の大祭の最終日

そのため本尊地蔵殿では地蔵安置の祈祷が行われました。
本殿は写真撮影禁止の為、様子は伝えられませんが
お坊さんが30人ぐらいでお経を読むとても厳かな儀式でした。

本殿の写真はありませんが、本殿へと続く長い回廊

最後に恐山にあるお風呂に入ってきました。
写真は撮れませんでしたが、中は狭く洗い場などもなく浴槽が2つあるだけの簡易なもの
しかし、硫黄臭の強い泉質はザ・温泉って感じで満足です。

風呂からあがりましたが、今日もピーカンなので暑い!
汗を流したと思ったらすぐにまた汗が出てきます。
休憩所でしろくまアイス休憩。

恐山の景色や雰囲気は息をのむばかりで本当に行って良かったと思います。
ちょうど天気も良く、合わせたわけでもなくちょうど大祭が行われていたっていうのもラッキーでした。

さて、ではむつ市に戻ります。
戻るときは来るとき思った通り、あの急激な下り坂が上りになって待ち構えていました。
しかも来るときの登りより斜度がキツイ。

一番キツイとこは100m登って休みを繰り返してなんとか登りきりました。

やっとむつ市に戻ってきたのは13時すぎ、
お腹もぺこぺこなのでその名も駅前食堂さんでスタミナ丼を食します。

量も多く満足したところで先に進みましょう。

目指すは野辺地町です。

と思ったら、30km進んだところで脚が攣りそうに。
ダメですねー 弱脚は健在です。
とりあえずアイス休憩。

このアイスって北海道で見た事ないけど、青森ご当地アイスなのかな?
誰かしってる人がいたら教えてください。

無理して進んでもいい事ないので、今日は道の駅よこはまをキャンプ地とします。

夕飯買いに行く余裕もないので、あり合わせの食材で夕飯を食べテントを張ります。

今日は恐山に大満足の一日でした。
本当に行って良かった。みなさんもお近くに旅行した際はぜひいってみてください。

それでは、本日も読んで頂きありがとうございました。
本日の出発地:むつ市金谷公園
本日の到着地:道の駅 よこはま
7:15~18:00
走行時間4時間41分
本日の走行距離 54.09km
家計簿 食費:1695円(あんぱん、しろくまアイス、ポカリ500ml、駅前食堂スタミナ丼、アイス、夕食材料費)
タバコ:480円
観光費:500円
その他:200円
合計:2875円

にほんブログ村に参加してみました。
クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました