私の節約は何点?

節約

先日こんなニュースがツイッターで話題になっていました。

それをみて私の節約を改めて振り返る機会になりました。

昔は本当にどんぶり勘定で、宵越しの金は持たねぇじゃないですけど貯金なんてしたこともありませんでした。
それどころかローンや消費者金融あわせて150万くらい借金したこともあります。

でも投資や貯金を始めてから、節約には敏感になりました。
家計簿も4,5年前からはじめて今も欠かさず行っています。
私もかなり倹約しているほうだと思いますが、世の中にはあれこれ工夫している人もたくさんいるわけで。

過度にやりすぎるのは生活の質を下げるのでおすすめしませんが、
世の中には知っていれば得をする、知らないうちに損をすることが多いです。
少しの手間で、月数千円、年数万円のお金が浮くのであればやったほうがいいと思います。

私はどちらかというと節約できるところを削って、使いたいところに集中して使いたいタイプです。
よく言われている節約法は固定費を下げる事。
それだけでも結構違うと思います。

私がよく読んでいるブログの節約術をどれくらい実践できているのかをチェックしてみたいと思います。

参考にしたのは「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイアしてみた」さんのブログ。

そして節約術を書かれているのがこちらの記事になります。

節約方法おすすめ14選【経済的自由達成の原動力】

①ペットボトル飲料を買わず、水筒持参
②たばこを買うなら、たばこ株を買え
③飲み物は白湯でOK
④彼女や彼氏とのデートは、公園で手作り弁当ピクニック
⑤書籍は図書館利用(新刊は予約)
⑥会社の飲み会は必要最低限
⑦株主優待を徹底活用すべし
⑧散髪はセルフカットか、1000円カット
⑨携帯は格安SIM
⑩プールやジム等のフィットネスは公共施設を活用
⑪コンビニでの買い物は避けよ
⑫買い物カート使うな
⑬支払いは現金でなくクレカで
⑭保険いりません

では、ひとつひとつチェックしてみましょう。

①ペットボトル飲料を買わず、水筒持参  
⇒100点
こちらはほぼ実践できています。飲料で買うものといったらスポドリぐらいですが、必ず2Lペットボトルを買って水筒に入れて持参。
あと飲むものといったらお茶と水ですが、お茶はパックタイプのお茶を煮出して使ってますし、水は水道水(といってもあちぇ宅は井戸水を引いています)なので。

②たばこを買うなら、たばこ株を買え
⇒0点
あちぇは喫煙家なんです。そう、健康にも悪いしお金もかかるしやめたいんですが、
やめられないんですっ!!

たばこ株ははっきり言ってクソ株だと思っているので恐らく今後も買いませんw

③飲み物は白湯でOK
⇒0点
これは別に白湯にこだわる必要はないんじゃないかな?
あ、でも節約的にいったらお茶とかもマイナス査定なのか。

④彼女や彼氏とのデートは、公園で手作り弁当ピクニック
⇒100点
はい、彼女いないからデートに使うお金もいらないっ!
最強の節約ですね…

⑤書籍は図書館利用(新刊は予約)
⇒50点
図書館も使用してますが、私が住んでる市はそこまで財政がいいわけではないので、
自分が読みたい新刊などの要望を出してもほぼ通らないです。
なのでどうしても読みたい本は買ってしまいますね。

⑥会社の飲み会は必要最低限
⇒100点
今は無職ですので会社の飲み会はありません。たまに友人からの身の誘いがありますが、今はうつの治療にて習慣を崩したくないのですべて断っています。

⑦株主優待を徹底活用すべし
⇒0点
日本株持ってません

⑧散髪はセルフカットか、1000円カット
⇒0点
知人の散髪屋さんに切ってもらっています。1000円カットの3倍の値段ですが、
知人との会話はかけがえのない時間なのでやめるつもりはありません。

⑨携帯は格安SIM
⇒100点
4,5年前からMVNO(格安携帯会社)を使用しています。でも、携帯は2年ごとに最新のiphoneに買い替えてるので節約してるとはいえないかも?
でも、携帯は本当によく使うものなのでできるだけストレス少ないものを使いたいのでそこは割り切ってます。

⑩プールやジム等のフィットネスは公共施設を活用
⇒100点
家にホームジムを作りました。あとはたまに市営のジムを使用してます。

⑪コンビニでの買い物は避けよ
⇒90点
コンビニで買うものはアイスコーヒーとタバコぐらいなので

⑫買い物カート使うな
⇒100点
恐らく余計な買い物をする可能性があるのでカートは使うなって意味だと思うのですが、私は買い物の前に必要なものをメモしていくので、ほぼ必要なものしか買いません。(カートは使ってますが)

⑬支払いは現金でなくクレカで
⇒100点
pay系のキャンペーンが下火になってから、再びクレジットカードばかり使用してます。
kyashカードを楽天カードに紐づけて使ってるので還元率は大体1.5%ですね。
(1.0%還元のkyashカードは発行量900円をバックできるのか微妙なので作ってません)
現金は飲食系などカード・pay系が使えない時以外はまったく使いません。

⑭保険いりません
⇒100点
生命保険は3年前に全部解約しました。独り身なので自分が亡くなっても困ることはないし、癌などの保証は高額医療制度で賄えると思っています。

以上が三菱サラリーマンさんが提唱する節約術でした。
こうやって採点してみて思ったのが、私には即さない項目が結構多いなと。

株主優待とか、タバコ株とか私はバリュー投資には興味がないので、
この先もやる事はないでしょう。

ここからは自分が実際に実践・体験してみていいと思ったものや、手間の割にそうでもないと思う事を紹介していきます。

・税金はカードで決済
こちらはnanacoにクレジットカードでチャージして払うというものですが、コンビニ自体あんまり使わないので、nanacoに入っている額を忘れてしまいそうなのでパス。

・ふるさと納税をする
こちらも毎年やっていました。私はだいたい550万円ぐらいの年収、独身だったので損しない寄附額の目安は55000~60000円ぐらい。

去年は話題の泉佐野市にしましたw

それ以前はpeachポイントがもらえるところに寄附して大体半額ぐらいのポイントがもらえるので、沖縄や台湾も時期さえ選べば往復運賃もタダで行けます。

・楽天経済圏を使用する
メインのカードとして楽天カードを使ってますが、何から何まで楽天というのはあんまりオススメしません。楽天より安いところがいっぱいあるし、楽天のポイントってけっこうわかりづらくて使いづらい(楽天以外では使えないところとか)。
ああいうのを紹介してるのって大体がアフィリブロガーだったりしますからね。

・Amazonギフトカードを買って使用する
あんまり頻繁に取引すると垢BANの可能性もあるのでひっそりとですがこちらを使ってます。だいたい安くなる月初を狙ってポイントGETして使っていく感じですね。(Amazonギフトカード取引サイトで調べてみてください)
だいたい10%引きぐらいの値段で買えます。

・Idecoを始める
これは企業年金や扶養控除などがない場合はおすすめしたいですね。
私の場合はこれで年額だいたい5~6万円の節税。
プラス将来的に積み立てた金額を払い戻す際も税金がかからないわけですからやらない手はないですね。

・ネットで買い物するときは価格com・フリマ価格サイトを使って相場を調べてから買い物する
結構ネットの価格ってばらつきあるので必ずやります。
それでも大体が上記アマギフ使用のAmazon様には勝てない事が多いですが。
あとは自己アフィリ案件もないか調べたりします。ハピタス・A8・ポイントタウン当たりは必ずみるようにしてます。

結構節約って手間がかかるものもあるので、例えば安いものを求めてスーパーをはしごするとかはあまりいい節約だとは思いません。
本人が楽しんでできればいいですが、少しの金額を節約するがために大切な時間を浪費するのはコスパが悪いと思います。

できるだけ手間のかからないもので節約できるものが一番いいですね。
例えば携帯をMVNOにするとか、Idecoを始めるとかは始めの手続きが少し面倒な所はありますが、その1回で年間数万円単位で節約できるのでおすすめです。

まだ恐らくやってる事はたくさんあると思いますが、今思いつくところでいうとこんなところでしょうか。
またこのテーマに関しては気づいたら更新していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました